ライフカード
セキュリティに関するご案内
こんな犯罪手口にご注意ください

こんな手口で盗まれる

インターネット犯罪・
不審なメール

その他の犯罪手口

カードご利用上の注意
不正利用に対する取り組み
カードの盗難・紛失
キャッシングで200名さまにあたる!ギフトカードプレゼントキャンペーン!
クレジットカードはライフカード ホーム > セキュリティに関するご案内 > こんな犯罪手口にご注意ください

こんな犯罪手口にご注意ください

思わぬトラブルに巻き込まれず、安心してクレジットカードをご利用いただくために、実際の犯罪手口の事例を
紹介します。

こんな手口で盗まれる

カードが盗まれる

カードの盗難にご注意ください。

下記のような手口でカードを盗み出し、ショッピングやキャッシングに利用されることがあります。

車上盗・車上荒し
  スーパー・ファミリーレストラン・行楽地・レジャー施設・パチンコ店・自宅駐車場などの駐車場に停めている際に車内にある貴重品を盗み出す手口。
  幼稚園や保育園への送迎時の僅かな時間での被害も発生しており、車から離れる際には必ずドアロックをしてください。運転席の下に隠した鞄やグローブボックス(ダッシュボート下の小物入れ)に入れた財布などの被害報告もあります。車から離れる際には、貴重品・ETCカードは忘れずにお持ちください。

飲食店スリ
  飲食店などでハンガーに掛けた上着から、財布などを盗み出す手口。
飲食店で財布を入れたまま上着を預けて被害に遭ってしまうケースも発生しています。
  貴重品は上着などに入れたままにせず、必ず手元に持っておかれるようにご注意ください。

仮睡盗(カスイトウ)
  深夜の電車内や駅のホームで、居眠りをしている人から、貴重品を盗み出す手口。
「大丈夫ですか、大丈夫ですか」と声を掛け、目を覚ました場合には「気をつけないと泥棒に盗られますよ」と救護者の振りをします。目を覚まさないことを確認したら盗んでいきます。
  網棚に荷物を置いたまま居眠りをしていて鞄ごと盗まれたり、新幹線の中で足元に鞄を置いていて、座席の下から盗まれる被害が報告されております。
飲酒の後などにはご注意ください。

もし盗難にあわれた場合には・・・
カードを盗んだ犯罪者が、警察やカード会社・銀行を名乗り、「暗証番号」を巧みに聞き出す手口も発生しています。
警察やカード会社・銀行が「暗証番号」を聞くことはありません。絶対に言わないようにご注意ください。

【関連】
・警察・カード会社を装う詐欺にご注意ください!

海外で起こりがちなトラブル(例)のご案内


(ケース1)  

■海外でATM機を利用させられ、暗証番号を盗み見られる手口
繁華街などで、片言の日本語で現地女性が近寄り、飲食やマッサージ等に男性を誘ってきます。店ではクレジットカードしか利用できないので、使えるカードかどうか事前に確認させてほしいと案内されたATM機で、10ドル程度の少額現金をキャッシングするよう促され、ATM機を操作する際に暗証番号を盗み見られてしまいます。
女性と入店後、目を離したわずかな時間にカードを抜き取り、女性の仲間がカードを持ってATM機に行き、残枠全額を引き出します。
その後タイミングをみて、財布にカードは戻されるため、その場ではキャッシング利用には気付きません。
後日、利用明細が届いて初めてトラブルが発覚します。
⇒特にハワイ地区にて発生しています。


(ケース2)

■自動券売機で暗証番号を盗み見られる手口
海外の駅で現地人に困っているので助けてほしいと声を掛けられます。「券売機がカード専用で、クレジットカードを持ってないのでチケットが買えない。現金を渡すのであなたのクレジットカードで代わりに買ってくれないか」と頼まれます。
協力に同意し、券売機にカードを入れ暗証番号を入力してもチケットは出てこず、その際に暗証番号を盗み見られてしまいます。
チケットが出てこない理由を駅員に聞いてくると言い出し、安心させるために多額の現金の入った財布を渡してしばらく視界から消えますが、「このカードは使えないらしい」とカードを持って戻ってきます。
この時すでにクレジットカードは悪用されています。
また、券売機から出し入れする際に、よく似た色・デザインのカードとすり替える手口もあります。
⇒特にパリ地区の国鉄・地下鉄駅にて発生しています。

カード情報が盗まれる

スキミングにご注意ください。

スキマーと呼ばれる読み取り装置でカード情報をスキミング(盗み取ること)し、そのカード情報をもとに偽造カードを作成して不正に利用する手口が発生しています。

被害にあわないためには・・・
クレジットカードをご利用いただく際には、会員さまの目の前で処理してもらうように注意してください。
カードは常に身に付けておくように注意することも大切です。
スキミングの被害に遭う場所として多いのは、風俗店・飲食店やスポーツジムなどです。特に風俗店ではカードを利用しなくても、身体から離れたすきにカード情報が盗み取られるケースも発生しています。
弊社では、偽造カードによる被害を抑制するために、カードの保管状況やご利用状況について、お電話で確認させていただくことがあります。

暗証番号等が盗まれる

電話でカード会社等の企業や団体を名乗る”ヴィッシング詐欺”にご注意ください!


ヴィッシング(Vishing)詐欺とは?
最近、電話で、国際ブランド(Visa、MasterCard、JCB等を指します)や各種機関を名乗り、お客さまの個人情報(クレジットカード番号、銀行口座情報、パスワード、生年月日、住所等)を巧みに聞き出し、不正使用する犯罪が増えています(電話⇒Voiceの頭文字のVをとって"Vishing"と言います)。

既によく知られた、「フィッシング詐欺(Phising)」と手口は同じですが、電話で、主に高齢者を狙った犯行であることから、悪質な詐欺ケースと言えます。

≪手口の特徴≫

■カード会社、信用情報機関、遺失物センター、カード提携先社名等、もっともらしい身分を名乗っている。

■「限度額アップしませんか?」「お客さまのカードが不正使用されています」「カードの解約手続きに必要」「お客さまのカードが拾得された」等ともっともらしい要件を述べてくる。

≪最近発生した被害例≫

■盗難被害直後にVisaセンターから入電
自営先スナックで最近取引を始めた業者に支払いした直後に複数のお客さまが入店し、席に案内しているすきに財布を盗まれた。盗難に気づいた直後にVisaセンター(架空)から「盗難にあったと思われる財布が届いたが、あなたのものに間違いないか。本人確認をしたい」と誘導され、思わず暗証番号も答えてしまった。
融資枠全額が不正に引き出された後、新幹線回数券を自動券売機で購入されてしまう。



国際ブランドやクレジットカード会社等からお客さまに、カード番号・有効期限等のカード情報や暗証番号等の機密情報を電話やEメールでお伺いすることはありません。

もし、上記のような不審な電話を受けた場合は、弊社窓口(ライフカードインフォメーションセンター:045-914-7003)までご連絡ください。

【関連】
・警察・カード会社を装う詐欺にご注意ください!
・フィッシング詐欺にご注意ください!

ゴルフ場・温浴施設に多い暗証番号式の貴重品ロッカーでの被害

ゴルフ場や温浴施設に多く設置されている暗証番号式の貴重品ロッカーでの被害が多発しています。
ロッカーの暗証番号を設定する操作ボタンの上部に小型カメラを設置して、お客さまが設定した暗証番号を盗み見ます。
プレー中や入浴中に貴重品ロッカーからクレジットカードや銀行キャッシュカードを抜き出し、スキマーで磁気情報を盗み取ります。カードは元通りに戻されるので、被害には全く気付きません。
その後、偽造カードが作られ被害が発生します。
小型カメラは1円玉くらいの大きさしかありません。

被害を防ぐには・・・
・ロッカーの暗証番号とカードの暗証番号は別の番号をお使いください。
・カメラに写らないように、操作ボタン上部との間に紙などを挟んで操作してください。
・不審者や小型カメラに気付いた場合は、すぐに施設の係員にご通報ください。

警察・カード会社を装う詐欺にご注意ください!

最近、他人のクレジットカードを入手した人が、警察やカード会社を名乗って暗証番号を聞き出し、不正利用するケースが増加しています。
警察やカード会社がお客さまの暗証番号をお聞きすることはございませんので、決して暗証番号をお教えにならないようにしてください。

(ケース1)
■海外のATM機を操作する際に手伝いをするよう装って暗証番号を盗み見られる手口

海外のATM機を操作する際に、現地人が親切そうに近づいてきて、ATM機の操作の手伝いをするよう装い、暗証番号を盗み見られる、もしくは聞き出してきます。
「ATM機の操作が分からないのならお手伝いしましょう。暗証番号は何番ですか?」
カードはそのまま持っていかれます。一人旅・女性は特に注意が必要です。

(ケース2)
■海外でニセ警官が職務質問を装って暗証番号を聞き出してくる手口

海外でニセ警官が職務質問を装って「麻薬取引の捜査をしている。不審なものを持ってないか荷物を確認する。」と言って、カバンの中のパスポートや財布・カードを取り上げます。「本人確認のため暗証番号を言いなさい。」と言い、パスポートや財布は返されますが、公衆の中で警察に犯罪の容疑を掛けられ、動揺している隙をついてカードはそのまま持っていかれます。

(ケース3)
■警察やカード会社・信用情報機関を装って暗証番号を聞き出してくる手口

日本国内で警察やカード会社・信用情報機関を名乗って電話をかけてきて、「カードを止めるため」と言って暗証番号を聞き出してきます。
「Visaセンターですが、あなたの財布と思われるものが届けられました。あなたのものかどうか確認をしたいのでカードの暗証番号を教えてください。」
落ち着いて考えれば、知っているはずのないお店や携帯電話に電話がかかってきます。

※暗証番号を第三者に伝えてしまったことにより発生した被害は、お客さまの過失となります。

【関連】
・海外で起こりがちなトラブル(例)のご案内
・電話でカード会社等の企業や団体を名乗る”ヴィッシング詐欺”にご注意ください!
ページトップへ

インターネット犯罪・不審なメール

不正にポップアップ画面を表示させて個人情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください。

不正にポップアップ画面を表示させて個人情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください。

お客さまのパソコンやスマートフォンがウィルスに感染したことにより、LIFE-Web Deskへ
ログインした後に、「カード番号」「カードの有効期限」「セキュリティコード(クレジットカード裏面の
3桁の数字)」「生年月日」などの入力を求める不正なポップアップ画面(*1)が表示される事象が
確認されました。

以下のようなLIFE-Web Deskを装った画面が表示されても絶対に入力しないでください。
・ログインした直後に自動的にポップアップし、情報を入力させるような画面
・「セキュリティコード」の入力を求める画面

【不正なポップアップ画面の一例】

*1 ポップアップとは、ホームページ等の画面上で自動的に別ウィンドウが開き、新たな画面が表示されることです。

<ご注意いただくこと>

いつもと異なる画面が表示されたら、いったん入力を中止する。

OSやソフトを常に最新にする。

セキュリティソフトを利用する。

万一、不審な画面が表示された場合は、恐れ入りますがカード裏面に表示されている電話番号
までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

<対策>

フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」をご利用いただくことをおすすめいたします。

フィッシング対策ソフト「PhishWallプレミアム」について詳しくはこちら


フィッシング詐欺・不審なメール

フィッシング詐欺にご注意ください!

最近、カード会社や大手プロバイダー、オークションサイトなどを装い、Eメールをパソコンや携帯電話に送り、諸手続きに必要との名目などで、クレジットカード番号や有効期限、暗証番号などの個人情報を偽のホームページ上で入力させ不正に取得するEメール詐欺(フィッシング詐欺)が多発しています。
手口として、個人情報の入力フォームを直接送信する方法とEメールにリンク先を設定し、本物とデザインやロゴがよく似た偽のホームページに誘導する方法があります。
このようなEメールは、弊社または検索サイトなどとは一切関係ございません。
弊社では、お客さまの個人情報をEメールでおうかがいすることはございません。
万一このようなEメールを受信されても、絶対に個人情報を入力・返信したり、またはEメールに掲載されたURLにアクセスされたりしないよう、十分にご注意ください。

≪フィッシング詐欺の手口≫
・「ユーザーアカウントの継続手続きを行ってください。」
・「ご本人の確認のためカード番号、暗証番号を入力してください。」
・「有料コンテンツご利用停止に伴い支払い方法を変更してください。」
・「おめでとうございます。○○に当選しましたのでカード番号を入力してください。」
・「不正使用防止のため、お客さまのカード番号、有効期限、暗証番号を登録してください。」
・「カードが無効になっています。差し替えのため情報をご連絡ください。」

このような不審なEメールを受信されましたら、弊社窓口(ライフカードインフォメーションセンター:045-914-7003)までご連絡ください。

<注意喚起情報>
 日本フィッシング対策協議会

悪質な「有料メール交換サイト」にご注意ください!

「出会い系サイト」をはじめとした「有料メール交換サイト」のほか、SNS(※)や懸賞サイト等にメールアドレスやカード番号を登録した後のトラブルが多発しております。

≪最近報告されたトラブルの事例≫

●「お金をあげたい」と言われ、サイト業者に登録料等を振り込んだが、お金をもらえなかった。

●サイトで知り合った相手とメール交換をするために、たくみな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取り引きを継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまった。

●無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっていた。


料金体系やサービス内容に関するトラブルは、契約者ご本人さまの責任となりますので、有料メール交換サイトのご利用にはくれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。

また弊社が悪質と判断したサイトについては、弊社の判断でカードのご利用を制限させていただく場合があります。
お客さまにご不便・ご迷惑をおかけすることとは存じますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

※Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略。
新たな友人関係を広げることを目的に、参加者が互いに友人を紹介し合い、友人の関係、
個人の興味・嗜好等を登録していくコミュニティ型のウェブサイト。

ネットショッピングでよくあるトラブル

ネットショッピングでよくあるトラブル

インターネットの普及に伴い、ネットショッピングにはクレジットカードによる支払いが広く利用されています。
一方で、注文したにもかかわらず商品が届かない、身に覚えのない請求(高額)がくる、一度だけの支払いのはずが何度も請求がくるなど、様々なトラブルも発生しています。
また、ネットショッピングで怖いのは、第三者による不正使用(なりすまし)やフィッシング詐欺です。


対策として・・・

・個人情報が盗まれないために、SSLで暗号化された画面であることを確認しましょう。

・商品の返品・交換が必要になる場合もあるので、お店の名前、住所、連絡先(Eメールアドレス
以外にも電話番号やFAX番号)なども必ず確認し、控えておきましょう(画面の印刷も)。

・「個人情報の取り扱いについて」などの説明書きがあるサイトや使用目的を明記したサイトを
利用するようにすることもトラブルにあわないコツです。

・大手プロバイダー、オークションサイトを装った先から、「アカウント継続」などという名目で
メールが送られてきた場合は、返信しないように注意しましょう。

ページトップへ

その他の犯罪手口

弊社とよく似た社名を名乗る詐欺にご注意ください。

最近、カード会社やカード会社とよく似た社名を名乗る業者からのダイレクトメールやチラシなどの融資の勧誘により金銭をだまし取られる詐欺が発生しています。
手口は、業者に連絡すると融資に際しての「保証金」「返済能力の確認」などの名目で指定口座に一定金額の振込みを指示され、指示に従い振込みを行った後も融資は行われないといったものです。
弊社では、キャッシングサービスなどの融資を行うにあたり「保証金」や「返済能力の確認」などの名目で事前に振り込みをお願いすることは一切ありません。またその際、弊社への振込み口座を個人名義で指定することも一切ありません。
振り込みを指示されるなど、不審な勧誘を受けた場合には、決して振り込みをせずに、お電話で弊社までお問い合わせください。

以下の金融業者については、弊社および弊社グループ会社とは一切関係ございませんのでご注意ください。

業者名 所在地 電話番号
ライフカード株式会社 不明 080-1601-7098
ライフカード株式会社 東京都港区芝二丁目31番19号 バンザイビル
※弊社住所を使用
03-3832-2194
03-3832-2195
03-6810-7304
03-6810-7305
株式会社ライフ 東京都中央区銀座8-18-3 銀座ロイヤルプラザ13F 03−3662−6980
0120−519−115
東京都港区芝浦3-20-9 プライドビル4F 03−3418−5326
東京都新宿区西新宿6-13-2 0120−633−551
03−633−5071
ライフ株式会社 東京都品川区東五反田5-18-11 5階 03−6667−1677
03−5792−5262
東京都品川区東五反田5-28-11 03−6667−1677
03−5792−5292
東京都渋谷区恵比寿西1-8-8 03−5652−6962
03−6415−3724
東京都豊島区池袋3-56-10 03−5652−6963
東京都杉並区和田2-46-12 03−5652−5233
03−5456−7124
ライフ(株) 東京都品川区西品川3-24-6 0120−750−571
03−5485−1901
東京都品川区二葉1-15 03−5750−5206
03−5750−5207
東京都台東区東上野1-3-5 03−3837−1751
03−3837−1752
ライフ(ライフカード子会社) 不明 03-6773-4848
ライフ 東京都港区虎ノ門4-2-3 03-6980-4446
株式会社ライフカード 東京都新宿区西新宿3-35-4 03−3232−0416
0120−866−370
株式会社ライフローンサービス 東京都港区虎ノ門1-22-3 虎ノ門ロイヤルビル12F 03−561−8511
株式会社ライフ・フィナンシャル・ワン 東京都文京区白山3-33-8 03−3962−4419
0120−622−848
マスターカードローン株式会社 東京都新宿区新宿3-19-7 03−5957−7361
株式会社ライフプラザクレジット 東京都豊島区東池袋1-31-16 03−3962−8016
東京都豊島区千早3-43-1 03−3962−8061
0120−775−745
株式会社ライフ・クレジット・サービス 東京都豊島区東池袋3-8-8 03−3962−4212
0120−566−454
ライフコールセンター 東京都港区赤坂7-11-8 間坂ビル 0120−750−571
03−3462−6870
(株)ライフクレジット 東京都港区汐留 シティーセンタービル 03−3463−4726
ライフキャッシュ 東京都文京区白山2-15-3 03−5818−3162
ライフコーポレーション 東京都新宿区西新宿1-13-12 0120−826−411
03−5953−4531
ライフクレジット株式会社 東京都千代田区丸の内3-7 03−5907−4406
ライフ融資総合窓口 不明 050-3101-8437
050-3822-1782
050-5305-2511
ライフご融資総合窓口 不明 050-3820-8095
050-3821-2294
ライフ貸付窓口 不明 050-5305-2493
ライフカード 不明 050-3822-1694
ライフカード 不明 03-3912-9545
ライフ 不明 03-6635-7228
ライフ関連会社 不明 03-6635-7288
ページトップへ