ライフカード
セキュリティに関するご案内
こんな犯罪手口にご注意ください
カードご利用上の注意

LIFE-Web Desk ID・パスワードの管理

オンラインゲームのトラブルにご注意

カードショッピング枠の現金化にご注意

SNSで宣伝すると報酬がもらえるという話にご注意

海外ギャンブルサイトにご注意

海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください

金融庁未登録バイナリーオプション事業者との取引にご注意

不正利用に対する取り組み
カードの盗難・紛失
クレジットカードはライフカード ホーム > セキュリティに関するご案内 > カードご利用上の注意

カードご利用上の注意

クレジットカードのご利用にあたって、以下の点にご注意ください。

LIFE-Web DeskのID・パスワード管理は厳重に

最近、インターネットの各種サービス(オークション、オンラインゲーム、コンテンツサービス、SNSなど)で登録されているログインID、パスワードを入手し、Webサイトに不正にアクセスする手口が発生しています。

複数のWebサイトにて、同じIDとパスワードを利用されますと、連鎖的な被害拡大の恐れがあります。

LIFE-Web Deskに不正ログインされるだけでなく、カード番号が第三者に判明している場合は、本人認証サービス(*1)を使ったネットショッピングでの悪用の可能性もございます。
(LIFE-Web Deskでは、ログインしてもカード番号はマスキングされております。)

 ■LIFE-Web Desk ID、パスワードは、他のサイトで使用しないでください。
 ■パスワードは定期的に変更してください。
 ■他人に推測されやすいパスワード(*2)は設定しないでください。

(*1)本人認証サービスとは
ネットショッピングにおいてカード番号・有効期限以外に、LIFE-Web Deskのパスワードを入力していただくことにより、本人確認を行うサービスです。

(*2)他人に推測されやすいパスワードとは
名前、居住地名、生年月日、電話番号など他人に類推されやすい文字列、数字キーボード上に並んだ文字列(asdfなど)

オンラインゲームのトラブルにご注意ください。

最近、スマートフォンやタブレット型端末などの普及にともない、お子さまがご家族(親・祖父母)のクレジットカードでオンラインゲームを利用し、ご家族の知らないところで高額な請求が発生していた、という事例が増えています。

クレジットカードでお支払いをしている場合には、カード名義人さまの管理責任が問われます。
このような思わぬ請求の発生を招かないためにも、お子さまが利用するオンラインゲームの仕組みをご理解しておくとともに、カード名義人にはクレジットカードのお支払いの義務や管理責任があることをご理解いただきますようお願いいたします。

■オンラインゲーム課金のしくみ

スマートフォンなどに事前にカード情報を登録し、ID・パスワードを入力することによりオンラインゲームのアイテム購入代金などが自動で課金される。

■オンラインゲームのトラブルに巻き込まれないために・・・

1.オンラインゲームの利用についてルールを設ける
オンラインゲームを含むインターネットの利用について充分理解し、ご家庭内でインターネット利用についてのルールを設ける等の工夫をする。

2.インターネットを利用した後は、必ずログアウトする
インターネットにログインしたままお子さまにスマートフォンやタブレット端末を利用させた場合、事前に登録されたクレジットカード番号がID等でひも付けされる場合があるため、インターネット等を利用した後は必ずログアウトする。 また、ログアウトしていてもお子さまがID・パスワードを入力してログインする可能性もあることから、お子さまが推測できるようなID・パスワードを設定しないことも大切です。

3.クレジットカードを適切に管理する
クレジットカードをお子さまの手の届かない場所に保管する等の工夫をする。
クレジットカード番号や暗証番号などは決してお子さまに伝えないよう、大切に管理するようお願いいたします。

一般社団法人日本クレジット協会のホームページでも注意喚起を行っております。
一般社団法人日本クレジット協会<オンラインゲームのトラブルにご注意を!>

ページトップへ

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」にご注意ください。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」などをうたった広告が、インターネット、看板、新聞、雑誌などで多くみられ、支払にクレジットカードが利用されていることがあります。

また、オークションサイトにおいて、流通する紙幣・貨幣などの現金が出品され、お支払方法にクレジットカードが利用されていることがあります。

このような取引行為は換金目的であり、換金目的でカードを利用することは「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局はご自身の債務を増やすことになります。
また、現金化業者からカード情報が流出し、2次被害も発生しています。 会員さまご自身が、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決して利用しないでください。

(詳しくは日本クレジット協会のホームページをご確認下さい。)

ページトップへ

「商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」という儲け話にご注意ください。

インターネット通販サイトでクレジットカードを使って商品等を購入し、その商品等についてSNSで宣伝すると商品購入代金が支払われるほか、報酬を得ることができる、商品代金の負担が無くクレジットカードのポイントを貯めることができる等の儲け話に関する事例が国民生活センターより注意喚起がされています。
事例の概要は、初回の取引では、商品購入代金や報酬が支払われたため、事業者を信用し、さらに多額の商品を購入したところ、入金がなくなり、事業者と連絡も取れなくなったという内容です。
きっかけは、「簡単に儲かる」などの副業サイト等に掲載されていたり、友人等からの紹介となります。たとえ、うまい話を持ちかけられても、鵜呑みにせず、慎重に判断いただきますようお願い申しあげます。

詳しくは以下のウェブサイトをご確認ください。

独立行政法人 国民生活センター 発表情報:
「商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」といって多額の商品を購入させる儲け話にご注意!

ページトップへ

海外ギャンブルサイトにご注意ください。

インターネットの普及にともない、手軽で便利なインターネットショッピングでのクレジットカード利用が拡大していますが、ご利用にあたっては、内容を十分ご理解いただくことが重要です。日本国内で正式に許認可を得ていない団体等が販売 する海外ギャンブルサイト上での勝馬投票券や宝くじの購入、スポーツ勝敗予想ギャンブルなどは、その購入行為自体が日本国内法に抵触する可能性があります。
たとえ、海外で何らかの認定を受けている団体等が主催する宝くじやギャンブルであっても、日本国内からインターネットを通じて申込むことは違法となり、申込まれた方も罰せられる可能性がありますので、購入しないようにしてください。 なお、弊社ではインターネットを通じた海外ギャンブルサイトでの取引であると認知した場合は、会員の皆さまをお守りするためにも、クレジットカードのお取扱いを制限させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ

海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください。

 金融庁(財務局)に登録のない海外の所在業者が、無登録のまま国内投資家に対しFX取引等の金融商品取引の勧誘を行い、トラブルが発生しています。
 このような取引の際には、業者の商号・名称が金融庁(財務局)に登録されているかを事前にご確認いただき、登録が確認できない場合には、カードの利用を行わないようご注意ください。

※海外に所在する業者であっても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として無登録でFX取引等の金融商品取引の勧誘を行うことは、金融商品取引法に違反しており罰則の対象となります。


詳しくは以下のウェブサイトをご確認ください。

【金融庁ウェブサイト】
無登録の海外所在業者による勧誘にご注意ください(金融庁ウェブサイト)
無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について(金融庁ウェブサイト)
免許・許可・登録等を受けている業者一覧(金融庁ウェブサイト)
【関東財務局ウェブサイト】
海外に所在する無登録業者とのFX取引等にご注意ください!(関東財務局ウェブサイト)

ページトップへ

金融庁に登録していないバイナリーオプション事業者との取引にご注意ください。

昨今、金融庁に金融商品取引法上の登録を受けていない事業者との「バイナリーオプション取引」にかかるトラブルが発生しております。
金融商品取引法では、日本国内居住者との間で、バイナリーオプション取引などの店頭デリバティブ取引を業として行う場合、事業者は金融庁に対して金融商品取引法上の登録が必要とされています(海外事業者も同様です)。

弊社では、無登録事業者とのバイナリーオプション取引におけるご利用を停止する場合がございますので、あらかじめご了承ください。また、お客さまにおかれましては、トラブルに巻き込まれることのないよう、”金融商品取引法上の登録有無を確認する”、”無登録事業者との取引は行わない”等、十分にご注意いただきますようお願い申しあげます。

詳しくは以下のウェブサイトをご確認ください。

【金融庁ウェブサイト】
免許・許可・登録等を受けている事業者一覧
無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について
【関東財務局ウェブサイト】
悪質な投資勧誘にご注意ください!

ページトップへ